Sorry, the browser you are currently using is not supported by Tripnino.com Please consider updating your browser or using one of the following:

ガル・オヤ国立公園

Attraction

スリランカのガル・オヤ国立公園は、1954年に設立されたスリランカ最大の貯水池であるセナナヤケ・サムドラヤの主な集水域となっています。

セナナヤケ・サムドラヤ貯水池はガル・オヤの開発プロジェクトの下、1950年にInginiyagalaでガル・オヤを害することで建設されました。

ガル・オヤ国立公園の重要な特徴は、年間を通して見ることができる象の群れです。

またアーユルヴェーダ薬の3つの重要なハーブ、トリファラ:森林の顕著な植物の中に、ターミナル・チェブラ(Terminalia chebula)、ターミナル・ベルリリカ(Terminalia bellirica)、エンブリカ・オフィシナリス(Emblica officinalis)が生育しています。

1954年から1965年までは、野生生物保護省が管理を引き継ぐまで、ガル・オヤ開発委員会によって公園が管理されました。国立公園はコロンボから314kmです。

Translated by Google