Sorry, the browser you are currently using is not supported by Tripnino.com Please consider updating your browser or using one of the following:

聖地アヌラーダプラ

■世界遺産:聖地アヌラーダプラ/英名 Sacred City of Anuradhapura

■登録区分:文化遺産

■登録年:1988年

■位置:コロンボから北東へ約210km

■主な見所:イスルムニヤ精舎/スリー・マハ菩提樹/
ルワンウェリサーヤ・ダーガバ/ムーンストーン など

■アヌラーダプラはスリランカ最古の都市。仏教が伝来してからも布教に力を入れる王のもと栄え、仏歯がこの地に置かれていた。10世紀に相次ぐインドの侵略と国内の混乱から都が放棄されるまで繁栄した。 ブッダガヤの菩提樹の分木を移植したとされるスリー・マハ菩提樹や、イスルムニヤ精舎など見るべき場所が多い。都市のシンボルであるダーガバの ルワンウェリ・サーヤ大塔は紺碧の空に向かってそびえるかのようだ。クイーンズ・パビリオンには輪廻を表す素晴らしいムーンストーンが残っている。