Sorry, the browser you are currently using is not supported by Tripnino.com Please consider updating your browser or using one of the following:

コロンボ市内観光

Attraction

コロンボ


コロンボはスリランカ最大の都市で、商業拠点としても知られています。スリランカの首都はスリジャヤワルダナプラコッテですが、コロンボは行政機関の集中する実質上の首都です。

コロンボはスリランカでの旅行を開始したり、終了したりするためにも必見のスポットになっています。コロンボのユニークさは多彩な色々なものからもたらされます。この都市自体には、スリランカの発展途上国を示す多くの場所がありますが、同時に植民地時代の美しさの残る多くの場所を見つけることができます。

コロンボの地理は土地と水が混在しています。市内の中心部には有名な "ベイラ湖"があります。この都市には多くの運河があり、北東の国境はケラニヤ川によって形成されています。3月と4月の間、日中の気温は約31度でモンスーンシーズンは5月から8月、10月から1月です。コロンボにはおよそ65万人が住んでいます。コロンボは多文化都市でもあり、シンハラ、スリランカ・ムーア、スリランカ・タミルなど多くの民族がいます。また、中国、オランダ、バーガー、マレー、インディアンのコミュニティが街に形成されています。

コロンボは、郵便サービスのために15の番号が付けられたエリア(Colombo 01 - Colombo 15)に分かれています。コロンボ港はスリランカ最大の港であり、植民地時代に港町として設立されました。スリランカの商業拠点には、大規模な交通手段ネットワークがあります。最も現地の人に利用されているものは公共バスです。また、列車やスリーウィール(トゥクトゥク)、タクシーを利用して市内を移動する事が出来ます。


アトラクション

ペター市場
このストリートマーケットは巨大なバザールで有名です。それはスリランカの最も忙しい商業地区の一つです。近くにはジャミウル・アルファー・モスク、Wolvendaal Church、Khan Clock towerがあります。


ゴールフェイスグリーン
それはコロンボの中心にある海辺の都市公園です。当初、競馬やゴルフの場として建設されました。近くの観光スポットには歴史あるコロニアル様式のゴールフェイスホテルがあります。

独立記念館
英国からのスリランカの独立を記念して建国された国民の記念碑です。

 

タウンホール
コロンボ市議会の本部です。近くの観光スポットにはヴィハーラマ・デヴィ公園があります。

インディペンデンス・アーケード
これは、政府によって開始された独立記念広場の再開発の一部です。魅力的なショッピングモールを楽しむことが出来ます。

ネルンポクナ
これは2011年12月15日にオープンした劇場です。舞台芸術センターです。

BMICH
コロンボにあるコンベンションセンターです。スリランカ人と中国人労働者の合同労働力によって建設されました。ここにはモーターショー、宝石ファセット、ブック・フェア、ウェディングショー、トラベル・フェアなど数多くの展示会が催されます。

Nelum Kuluna
蓮の塔とも呼ばれ、建設が終わると南アジアで最も高いタワーになります。

デヒワラ国立動物園
スリランカのデヒワラ国立動物園はアジアで最も古い動物園の一つです。ここは様々な哺乳類や鳥類を観ることが出来ます。大型肉食獣が多いのも魅力の一つです。象のショーが開催されています。

ロイヤルコロンボゴルフクラブ
スリランカ最古のゴルフクラブです。また、スリランカのゴルフの統治機関の本拠地です。

ガンガラーマヤ仏教寺院
コロンボで最も有名な仏教寺院の一つです。市街地にあり、ペラヘラなど重要な催しが行われることもあります。

ダッチホスピタル
コロンボ・フォート地区で最も古い建物と考えられています。それは現在、歴史的な建築を利用したショッピングセンターとして利用されており、魅力的なショップとレストランを楽しむことが出来ます。

旧国会議事堂
コロンボ・フォートの近くにあり、53年間スリランカの議会を収容していました。

ジェファリー・バワ・レジデンス「No 11」
天才的な建築デザイナー、ジェフリー・バワはスリランカの宗教と "熱帯のモダニズム"を融合させて数多くの建築を設計しました。彼のデザインは世界的にも有名です。コロンボの生前の住居は現在公開されており、見または宿泊する事が可能です。