Sorry, the browser you are currently using is not supported by Tripnino.com Please consider updating your browser or using one of the following:

キャンディ・エサラ・ペラヘラ

Event

エサラ・ペラヘラ祭(Esala Perahera)は、スリランカ中部州キャンディで行われるスリランカ最大の仏教祭事です。

ペラヘラは行列を意味する言葉で祭り自体はスリランカ国内各地で行なわれていますが、キャンディのエサラの月の新月から満月にかけての2週間で行なわれるエサラ・ペラヘラ祭は、中でも最大の規模として知られます。

仏歯を納めた舎利容器を背に乗せた、装飾(電飾)されたゾウを先頭に、音楽隊やダンサーなどの群が街中を歩いてパレードするのがペラヘラの由来となっており毎年多くの観光客でキャンディ市内は大きな賑わいを見せます。

現在では仏歯に対する祭祀ですが、祭りに仏歯が加わったのは1775年からで、以前はキャンディのヒンドゥー教の守護神であるナータ、ヴィシュヌ、カタラガマ、パッティニの神々を祀る祭祀でした。




translated by google