Sorry, the browser you are currently using is not supported by Tripnino.com Please consider updating your browser or using one of the following:

ヌワラエリヤ

Attraction

ヌワラエリヤ

コロンボから150kmに位置し、スリランカの最も寒い町がヌワラエリヤです。ヌワラエリヤという名前は、平野または街灯の街を意味します。スリランカ全土で最も訪問される観光地の一つであり、海抜(1890m)を上回る高い標高のためスリランカで最も高い都市です。この都市は英国植民地公務員John Davyによって1819年に発見されました。しかし英国がヌワラエリヤの可能性を認識するまでにはさらに10年かかりました。1847年にヌワラエリヤはコーヒー栽培センターに発展しました。1870年代には紅茶園がヌワラエリヤに導入されました。ヌワラエリヤに行くにはいくつかの方法があります。

バス(公共)
車(タクシーまたはレンタカー)
列車(公共)
エア・タクシー(パブリックまたはプライベート)

ヌワラエリヤの観光名所
ハッガラ植物園はスリランカで2番目に大きい植物園です。 1861年に創立され、ヌワラエリヤから16km離れたところにあります。

グレゴリー湖:イギリス植民地時代のウィリアム・グレゴリー知事が作った貯水池です。この貯水池の目的はナーヌ・オヤ川の水を利用することでした。

ビクトリアパーク:ビクトリアパークは、元々はハッガラ植物園の研究分野でした。これはスリランカの優れた鳥観察地域です

アンベウェッラ農場: "リトル・ニュージーランド"とも呼ばれます。アンベウェッラの農場には、牛、山羊、その他多くの家畜が収容されています。スリランカの最高の新鮮な乳製品を購入することもできます。

シータ・アンマン寺院:ラーマヤーナによれば、シータがラーバナによって捕虜にされた場所です。それは非常に宗教的で歴史的な寺院です。

ホートンプレインズ国立公園:ユネスコの世界遺産です。自然愛好家、ハイカー、バードウォッチャーの方に最適な場所です。国立公園全体は徒歩ではとても廻れないほど広大ですが、この国立公園の一部である「ワールドエンド」はトレッキングの為に一般的に解放され、難易度の高くないコースとして人気があります。