Sorry, the browser you are currently using is not supported by Tripnino.com Please consider updating your browser or using one of the following:

スリ・サンカパラ・ラジャ・マハー・ヴィハーラヤ

Attraction

スリ・サンカパラ・ラジャ・マハー・ヴィハーラヤはPallebeddaというウダ・ワラウェ国立公園の北西の小さい村に位置する仏教寺院です。古代神話に関連したエピソードを持つ聖地となっています。

【戦士からニルヴァーナへ ~ サンカパーラ】

DUTU GEMUNU王の軍隊で「ダサマハヨーダヨ」と呼ばれた屈強の10人の戦士がいた。
その10人はそれぞれ特徴を持っていた。
Pussadevaヨーダヤは「conch shell(※ほら貝の一種)」を吹く特徴を持っていた。
どのくらい音を出せるかと言うと、人が気絶するほどの音を出せた。

DUTU GEMUNU王の最後の戦いであったVijithapura戦争でPussadevaはconch shellを使って
戦争に勝つための主な役割をした。
そのため王は贈り物として何が必要かとPussadevaに聞くと
「軍隊をやめさせてください。お坊さんになりたい」と言った。

王はそれを許して、更にお礼としてPallebadaという地域も彼にあげた。

貰ったPallebadaの土地をPussadevaがお寺にしてお坊さんを迎え、
戦争で使ったconch shellを寺に置きダーガバ(仏舎利)も作った。

conch shellはシンハラ語で「サンカ」と呼ぶので、その寺はサンカパーラ ヴィハーラとなった。

Pussadevaもお坊さんになって最後はニルヴァーナ(涅槃)に入った。


<

translated by google