Sorry, the browser you are currently using is not supported by Tripnino.com Please consider updating your browser or using one of the following:

カラメティヤ野鳥保護区

Attraction

そこはバードウオッチャーの楽園です。
マングローブ・スワンプ、スクラブ・ジャングル、沿岸のラグーン、オープン・グラッシーのエリアで構成され、海洋生物や鳥類が豊富でありタンガッラとハンバントータの間に位置します。

野生動物保護区としては訪問されることは少ないですが、バードウォッチングのための非常に平和でゆっくりとしたエリアを提供しています。

カラメティヤ野鳥保護区(Kalametiya Bird Sanctuary)はスリランカで最も古く、主要な野鳥保護区の1つとなっています。 1938年に野生動物保護区を宣言し、当初2500ヘクタールをカバーしましたが、1946年にはその一部が地域住民の反対のために廃止されました。しかし、1984年に廃止された地域の一部が再びサンクチュアリとして宣言されました。訪れる観光客はハンガマ(Hungama)の町から野生動物保護区にアクセスできます。ここでは川岸から出る手漕ぎのボートツアーを楽しむ事が出来ます。特に午後の涼しい時間帯がお勧めです。

サンクチュアリは豊かなラグーンとマングローブの湿地で、かなりの数の冬の渡り鳥が集まっています。 54種の渡り鳥を含む150種以上の鳥類があります。 Glossy Ibis、The Sri Lankan Black Cappped Purple Kingfisher、Indian Reef-heron、風土病のJungle Fowlの4つの国家的に脅かされた鳥がここにあります。 38種の爬虫類を見つけることができます。それらの多くは、全国的かつ世界的に生息を脅かされています。さらに、カラメティヤ野鳥保護区には20種の哺乳類と41種の魚が棲息しています。