Sorry, the browser you are currently using is not supported by Tripnino.com Please consider updating your browser or using one of the following:

ヤーパフワ

Attraction

ヤーパフワの失われた王国


南インドからのドラヴィダ人の侵略と13世紀のダンバデニヤ王国の崩壊により、ブワナカバウ王がスリランカの首都をポロンナルワからヤーパフワに移しました。ヤーパフワはスリランカのワヤンバ州にあり、アヌラダプラとクルネーガラの道から少し離れています。ヤーパフワの古代要塞は周囲の平原より90m上に浮上しています。

首都をヤーパフワに移した理由は、南インド人からブッダ神の聖なる遺物を守ることだったとされていますが、ブワネカバウ王の死後、南インドの侵略者たちはヤーパフワ王国を略奪し、仏歯の遺物をインドに戻した。しかしブワネカバウ王の後継者であるパラクラム・バフ王は、1288年にインド南部のパンダヤン裁判所を訪問した聖なる遺物の仏歯を成功裏に確保しました。ヤーパフワは訪れる価値のあるスポットであり、古代のスリランカの歴史を偲ぶ重要な場所です。